このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公益財団法人 建築技術教育普及センター
  • English
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

受験申込後の各種届出等

 受験申込後、変更が生じた場合は、届出又は願を(公財)建築技術教育普及センター(〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-6 紀尾井町パークビル)宛てに提出して下さい。

1. 受験申込書記載事項変更届及び試験地変更願

 受験申込後、氏名、住所地(現住所)、本籍地、試験地等に変更がある場合には、下記の要領により申し出て下さい。電話による変更の連絡は一切受け付けません。

(1)必ず必要な書類・・・ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。申請書(PDF:202KB)(ダウンロードして、必須事項を記入する。)

(2)添付書類、提出方法
1)婚姻等により氏名が変更となった場合
 申請書と併せて「氏名の変更が確認できる書類(戸籍抄本又は謄本の原本等)」を郵送にて送付して下さい。
2)「インターネット受付」において氏名等の入力誤りを修正する場合
 申請書と併せて「身分証明書の写し」を郵送にて送付して下さい。
3)住所(現住所)、本籍地を変更する場合
 氏名、試験地の変更がない場合は、添付書類は不要であり、FAXによる申請が可能です。
4)その他の項目を変更する場合
 生年月日、性別等を変更する場合は、「その他」の欄に分かるよう記入して下さい。氏名、試験地の変更がない場合は、FAXによる申請が可能です。
5)試験地を変更する場合
 A:「学科の試験」の申請期限日までに試験地を変更する場合
    申請書と併せて※「新住所(異動先)の都道府県が確認できる書類」を郵送にて申請して下さい。
 B:「学科の試験」の申請期限日以降に「設計製図の試験」の試験地を変更する場合
    申請書と併せて下記の3点を郵送にて送付して下さい。
    ア.※「新住所(異動先)の都道府県が確認できる書類」
    イ.受験票の写し
    ウ.所要の切手を貼った、宛先明記の「試験地変更通知書送付用封筒」
 ※「新住所(異動先)の都道府県が確認できる書類」の例:(1)住民票、(2)異動の辞令の写し(異動先の支店名や住所が明記されたもの)、(3)住所が明記された公共料金領収書、賃貸契約書の写し

(3)試験地変更願にかかる注意事項

  • 「新住所(異動先)の都道府県が確認できる書類」を提出できない場合は、試験地変更を認めません。
  • 同じ都道府県内においての試験場の変更は、認められません。
  • 試験地の変更が認められた場合、「学科の試験」申請時の変更は受験票に明記して通知し、「設計製図の試験」申請時の変更は「試験地変更通知書送付用封筒」(上記(2)添付書類のウ.の封筒)を利用のうえ通知します。ただし、「設計製図の試験のみ」の受験申込者で、「学科の試験」の試験地変更が可能な時期までに申請する場合は、受験票に変更後の試験場を明記して送付します。
  • 試験地の変更をした者が合格した場合は、受験申込した都道府県の試験を合格したことになります。「設計製図の試験」に合格し、建築士登録申請をする場合は、試験合格年に受験申込を行った都道府県での登録申請となります。

(4)申請期限
 「学科の試験」  
  二級建築士試験、木造建築士試験ともに:令和3年5月21日(金曜)必着
 「設計製図の試験」
  二級建築士試験:令和3年8月2日(月曜)必着、木造建築士試験:令和3年8月31日(火曜)必着

(5)通知発送日
 「学科の試験」  
  二級建築士試験、木造建築士試験ともに:令和3年6月18日(金曜)頃(受験票に変更後の試験場を明記)
 「設計製図の試験」
  二級建築士試験:令和3年9月1日(水曜)頃、木造建築士試験:令和3年9月24日(木曜)頃

2.受験申込書の建築実務期間の変更

 受験申込日から「学科の試験」の前日までの建築実務で受験資格要件に係る変更があった場合は、すみやかにセンターに申し出て受験資格の有無について再度確認を受けて下さい。

3.合格通知書等送付先変更願

「学科の試験」「設計製図の試験」合格通知書等の送付先は、マイページよりログインしていただき、変更手続きを行ってください。「学科の試験」:二級建築士試験、木造建築士試験ともに令和3年7月20日(火曜)以降、「設計製図の試験」:二級建築士、木造建築士ともに令和3年11月1日(月曜)以降に住所の変更のため通知書送付の宛先が変わる場合には、下記の要領で封書にて申し出てください。

(1)必要書類
  ア.申請書(任意の書式)【受験番号、氏名、新旧住所(郵便番号も記入)を記載】
  イ.所要の郵便切手を貼った宛先明記の「通知書送付用封筒」

(2)申請期限
 「学科の試験」 
  二級建築士試験:令和3年8月17日(火曜)必着、木造建築士試験:令和3年8月31日(火曜)必着
 「設計製図の試験」 
  二級建築士試験、木造建築士試験ともに:令和3年11月25日(木曜)必着

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここから

二級建築士試験

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

公益財団法人 建築技術教育普及センター

Copyright © The Japan Architectural Education and Information Center All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ