このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公益財団法人 建築技術教育普及センター
  • English
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

建築士定期講習よくある質問

目次

1.講習全般について

2.受講申込について

3.受講手数料について

4.受講申込後の、講習会場や日程の変更、申込内容の変更、キャンセルについて

5.当日の持ち物や講義・修了考査の内容等について

6.修了結果・修了証について

1.講習全般について

Q1.建築士定期講習は、何年ごとに受講し、修了する必要がありますか?

A1.
建築士事務所に所属する建築士として業務に従事している間は、3年度(行政年度)ごとに受講し、修了する必要があります。

Q2.全ての建築士が、建築士定期講習を修了する必要がありますか?

A2.
全ての建築士が建築士定期講習を受講し、修了する必要はありません。
修了が義務付けられているのは、建築士事務所に所属する建築士です。
現在退職されている等で所属建築士ではない場合は、受講義務はございません。
一方で、現在建築士には関係のない業務に従事されていても、所属建築士として登録している場合は、
受講義務が生じています。

Q3.退職した等で、現在所属建築士ではない(受講義務がない)ので、定期講習を受講していません。建築士免許証は失効しますか?

A3.
建築士の資格が消失するわけではありません。再度所属建築士になられる際に、速やかに建築士定期講習をご受講いただければ、所属建築士になることが可能です。

Q4.定期講習の受講タイミングがわかりません。

A4.
◇今年度(令和4年4月1日~令和5年3月31日)中に受講する必要がある方
以下の所属建築士の方々は、令和5年3月31日までに定期講習の受講が必要です。
(1) 定期講習を令和元年(平成31年)に受講し、それ以降受講していない所属建築士
(2) 令和元年(平成31年)に建築士試験に合格し、合格日から令和5年3月31日までの間に建築士事務所に所属した受講経験のない建築士
※建築士免許証の登録年月日は関係ありません。合格年から換算されます。

Q5.前回建築士定期講習を受けた月が6月です。その月までに受講しなければいけませんか?

A5.
建築士定期講習は対象年度中にご受講いただければ問題ございませんので、受講年の4月1日~翌年3月末日までの間であれば、いつ受けていただいても大丈夫です。

Q6.現在妊娠中や療養中、休職中、海外出張中等、何かしらの理由で建築士定期講習の受講が難しい場合はどうしたらいいですか?

A6.
建築士法上、建築士事務所に所属する建築士は3年ごとの定期講習受講義務が生じています。どうしても難しい場合は、行政にお問い合わせください。
一級建築士免許証をお持ちの方:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。お住まいの地域の国土交通省地方整備局(外部サイト)
二級建築士又は木造建築士免許証をお持ちの方:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。登録都道府県の担当課(外部サイト)

Q7.定期講習の受講義務に違反した場合、罰則等はありますか?

A7.
定期講習の受講義務違反は建築士法の定めに反することとなりますので、受講期限を過ぎても尚、受講しない場合は、建築士法違反として懲戒処分等の罰則の適用対象となる可能性があります。詳しくは行政にお問い合わせください。

Q8.今年度二級建築士の定期講習のタイミングですが、今年一級建築士試験に合格しました。上位資格をとったので、二級建築士の定期講習は受講しなくても大丈夫ですか?

A8.
原則受講する必要があります。二級建築士定期講習は一級建築士を取得しても省略されることはございません。それぞれ3年ごとの定期講習受講義務が存在しています。
多くの方は、一級・二級どちらか早い方の定期講習受講のタイミングで、両方とも受講し、3年ごとの講習サイクルを一緒にされます。
(当センターでは一級・二級・木造複数を一緒にお申込みいただいても、受講料や受講時間は変わりません。お申込み時にお持ちの免許証全てをご提出いただければ大丈夫です)

Q9.一級建築士と二級建築士(又は木造建築士)の複数の資格を持っていますが、定期講習は複数回受講する必要がありますか?

A9.
お申込時に全ての免許証のコピーをご提出いただくことで、一級・二級・木造建築士の定期講習を
まとめて受講することが可能です。
【注意】上位資格を取得しても下位資格の受講義務が無くなる訳ではございません。ご提出がない免許証は、お持ちの場合でも修了したことにはなりませんのでご注意ください。

Q10.定期講習の受講義務が生じたときは、そのような連絡がくるのでしょうか?

A10.
そのような規定は現在ありません。あくまでご自身で受講タイミングを把握する必要があります。
ただし、センターで3年前ご受講いただいた方には、対象年度の4月頃通知をお送りしています。

Q11.全国どこの都道府県で受講してもかまいませんか?

A11.
どちらの都道府県で受講しても問題ございません。
免許登録をした都道府県や、事務所登録をしている都道府県でなくても構いません。
オンライン上での受講も可能です。

Q12.平成18年12月改正建築士法はいつ施行されましたか?

A12.
平成20年11月28日に施行されました。

Q13.建築士事務所に所属していないと、この講習を受講することはできませんか?

A13.
建築士免許証をお持ちの方であればどなたでも受講することができます。

2.受講申込について

Q1.3月末までの講習日しか公表がないようです。その後の日程はありますか?

A1.
その年度の講習日のみ公表しております。
次年度の講習日程は毎年4月1日の公表になります。

Q2.申込方法には、どのようなものがありますか?

A2.
郵送申込、オンライン(インターネット申込)がございます。
郵送申込にはさらに、
(1)プレ印字版:センターで3年前に受講したいただいた方に送付する、住所等が印字されているもの
(2)DL版:初めて受講する方含めどなたでもご利用可能なもの
の二つがございます。
対面講習(会場講義+会場考査)=受付は郵送申込のみ
オンライン講習(WEB講義+WEB考査)=受付はインターネット申込のみ
となります。ご希望の講習に沿った申込方法でお申込ください。

Q3.対面講習(会場講義+会場考査)希望です。 受講申込書はどこで入手できますか?

A3.
受講申込書は当センターのHPから新規ウインドウで開きます。ダウンロードできます。
また、以前当センターで建築士定期講習を受講いただいた方には、既に住所等が印字されている申込書を
送付することが可能ですので、センターまでお問い合わせください。(TEL:050-3033-3823)

Q4.受講申込書のダウンロードは有料ですか?

A4.
無料です。

Q5.受講申込書を郵送してもらえますか?

A5.
3年前当センターでご受講いただいた方には、前回申込内容記入済のプレ印字版申込書の郵送が可能です。 センターまでお問い合わせください。(TEL:050-3033-3823)
初めて申込の方は、当センターHPから申込書をダウンロードしていただくか、オンライン(インターネット)からお申込ください。

Q6.受講申込にはどのような書類が必要ですか?

A6.
郵送申込:建築士免許証の写し、写真2枚などが必要です。(詳しくは新規ウインドウで開きます。建築士定期講習受講要領を参照ください)
オンライン(インターネット)申込:顔写真と建築士免許証の写真撮影をいたします。
免許証を紛失された方:
一級建築士の方はお住まいの都道府県の建築士会
二級・木造建築士の方は登録都道府県の建築士会
にそれぞれお問い合わせください。
再発行された免許証か、再交付手続き中である証明書(建築士会受理印が必要です)のコピーでも申込可能です。

Q7.郵送申込書に貼る写真は規定サイズじゃないと不備になりますか?また、白黒のものでもいいですか?

A7.
お顔がきちんと確認できれば、少しサイズの小さな写真や白黒写真(カラー推奨)でも受理させていただいております。極端に枠より小さいものはご遠慮ください。

Q8.郵送の受講申込は電話で先に予約はできますか?

A8.
できません。申込書到着順で受付いたします。

Q9.対面講習(会場講義+会場考査)希望です。申込書はどこに送付したらいいですか?

A9.
新規ウインドウで開きます。日程表でご希望のお日にちをお選びいただき、その講習日を担当する各都道府県の建築士会又は事務所協会
に送付してください。表示されている“建築士会”又は“事務所協会”クリックすると送付先住所が表示されます。

Q10.対面講習(会場講義+会場考査)希望です。希望する講習会場で受講したいので、受付開始日前に郵送したら受付けてもらえますか?

A10.
原則受付けしません。
仮にお申込書が届いても、受付開始日に受付けた受講申込書より先の順番となる取扱いはいたしません。

Q11.郵送の申込書でオンライン講習を申込することはできますか?

A11.
できません。オンライン講習では動作環境診断(動画視聴チェック、WEBカメラチェックなど)があるため、
インターネット申込のみの受付となります。申込後に講習方式を変更すること(対面講習申込→オンライン講習に変更)もできませんのでご注意ください。

Q12.対面講習の郵送申込(プレ印字版・DL版)用の払込票は、オンライン(インターネット)申込にも使用できますか?

A12.
使用できません。オンライン(インターネット)申込の場合はクレジットカード決済かコンビニ決済になり、払込票との連動はできません。オンライン(インターネット)申込希望の方は郵送申込用の払込票を使用しないようお願いいたします。

Q13.郵送受付で受講を申込みましたが、講習会場が満席の場合はどうなりますか?

A13.
他の講習日程等をご案内いたします。
なお、日程の調整ができなかった場合には、受講手数料を全額返還いたします。
※日程調整後のキャンセル・ご返金は承れません。

Q14.希望する日程に空きがあるか確認できますか?

Q14.希望する日程に空きがあるか確認できますか?

A14.
郵送申込:新規ウインドウで開きます。日程表でご確認いただくか(満席の場合“受付終了”という表示になります)、該当の講習を運営する
団体にお問い合わせください。(表示されている“建築士会”又は“事務所協会”クリックすると連絡先が表示されます。)

Q15.今後の講習予定を教えてください。

A15.
郵送申込:新規ウインドウで開きます。日程表でご確認いただくか(満席の場合“受付終了”という表示になります)、該当の講習を運営する
団体にお問い合わせください。(表示されている“建築士会”又は“事務所協会”クリックすると連絡先が表示されます。)

Q16.全国どこの都道府県で受講してもかまいませんか?

A16.
どちらの都道府県で受講しても問題ございません。
免許登録をした都道府県や、事務所登録をしている都道府県でなくても構いません。
オンライン上での受講も可能です。

Q17.婚姻等により建築士免許証の姓と現在の姓が異なっている場合は、申込みできますか?

A17.
お申込みはできます。
但し、旧姓・新姓の両方の氏名が確認できる公的書面(戸籍謄本・抄本等、複写可)を受講申込時にご提出ください。
又、姓名が変更となった場合は、建築士法により建築士免許証の書換えが義務付けられておりますので、所定の機関に申請をお願い致します。

Q18.建築士の免許証に記載されている本籍と、現在の本籍が異なっています。戸籍謄本等の書類の添付が必要ですか?

A18.
この受講申込には特に必要ありません。

3.受講手数料について

Q.受講手数料はいくらですか?

A1.
12,980円(消費税込み)です。
※一旦納付された手数料は、原則当センターの責により講習を受講できない場合を除き、返還できません。

Q2.一級、二級、木造の受講手数料は全て同じですか?

A2.
同じ受講手数料となります。複数の免許証でお申込の場合も同一料金です。

Q3.一級建築士と二級建築士の両方を登録しています。受講申込書に両方の建築士免許証の写しを添付して申込みましたが、両方の受講手数料を支払う必要がありますか?

A3.
当センターが実施する講習では、複数の建築士免許をお持ちの方でも、受講手数料は同じ金額です。

Q4.対面講習の郵送申込(プレ印字版・DL版)用の払込票は、インターネットの申込にも使用できますか?

A4.
使用できません。オンライン(インターネット)申込の場合はクレジットカード決済かコンビニ決済になり、払込票との連動はできません。オンライン(インターネット)申込希望の方は郵送申込用の払込票を使用しないようお願いいたします。

4.受講申込後の、講習会場や日程の変更、申込内容の変更、キャンセルについて

Q1.日程の変更はできますか?

A1.
対面講習(会場講義+会場考査)お申込の方:変更希望日を運営する団体にお電話いただき、お席に空きがあればお電話口でお手続き可能です。空きがない場合はご変更できません。日程表は新規ウインドウで開きます。こちら
オンライン講習(Web講義+Web考査)お申込の方:ご自身のマイページで考査日の変更が可能です。(2回まで)

Q2.申込後、住所が変更になりました。手続きはどうしたらいいですか?

A2.
新規ウインドウで開きます。【建築士定期講習】住所変更申請書をご提出ください。ご提出のタイミングによっては、修了証が申込時の住所
に送付されますので、併せて郵便局への転送手続きもお願いいたします。

Q3.受講申込後、講習日が都合悪くなった場合はどうしたらいいですか?

A3.
対面講習(会場講義+会場考査)お申込の方:変更希望日を運営する団体にお電話いただき、お席に空きがあればお電話口でお手続き可能です。空きがない場合はご変更できません。日程表は新規ウインドウで開きます。こちら
オンライン講習(Web講義+Web考査)お申込の方:ご自身のマイページで考査日の変更が可能です。(2回まで)

Q4.受講申込後、キャンセルしたいので返金できますか?

A4.
一旦納付された手数料は、原則当センターの責により講習を受講できない場合を除き、返還できません。
日程のご変更は可能な場合がございます。
対面講習(会場講義+会場考査)お申込の方:変更希望日を運営する団体にお電話いただき、お席に空きがあればお電話口でお手続き可能です。空きがない場合はご変更できません。日程表は新規ウインドウで開きます。こちら
オンライン講習(Web講義+Web考査)お申込の方:ご自身のマイページで考査日の変更が可能です。(2回まで)

Q5.講習を修了できなかった場合、受講手数料を返してもらえますか。また、再度受講する場合、前回の講習テキストを持っているので、受講手数料からテキスト分を減額してもらえますか。

A5.
未修了の場合であっても、受講手数料の返還はいたしません。
また、再度受講する場合に、前回の講習テキストをお持ちの場合でも受講手数料の減額はございません。

Q6.講習会場に駐車場はありますか?また、会場設備(車いす対応可能かどうかなど)については事前にわかりますか?

A6.
原則、会場及びその周辺への自家用車等の駐車場は確保していません。電車、バス等の公共交通機を利用してください。会場設備につきましては、講習を担当する団体にお問合わせください。

5.当日の持ち物や講義・修了考査の内容等について

Q1.当日の持ち物を教えてください。

A1.
対面講習(会場講義+会場考査)お申込の方:(1)受講票、(2)筆記用具、(3)顔写真付きの身分証明書
オンライン講習(Web講義+Web考査)お申込の方:(1)登録した携帯電話、(2)テキスト(修了考査時はテキストのみ参照可能です)
当日は受付時間内にマイページにログインいただき、
”申込済の考査”の中から建築士定期講習を選択後、受付を完了してください。(顔写真の撮影がありますのでお申込時と同じ環境でログインしてください)

Q2.講習はどのような内容ですか?

A2.
建築物の建築に関する法令に関する講義が3時間、設計及び工事監理に関する講義が2時間あり、その後1時間の修了考査があります。

Q3.講義で使用するテキストはどのようなものですか。また、事前に入手することは可能ですか?

A3.
テキストは、講義の内容に沿ったものを当センターにおいて用意します。
また、テキストは、
対面講習:受講日の受付時に配布します。事前の配布は行ないません。
オンライン講習:考査日の約10日~1週間前にはお手元に届くよう郵送いたします。

Q4.一級建築士も二級、木造建築士も講義時間は同じですか?

A4.
国土交通省の告示(平成20年7月15日第882号)では、二級建築士・木造建築士の講義時間は4時間となっていますが、当センターが今回実施する講習では、二級建築士・木造建築士については、一級建築士講習に含まれることとしており、すべて一級建築士と同じ講義時間5時間となります。

Q5.午前中のみの講義など、講習の一部のみ受講することは可能ですか?

A5.
講習の一部のみの修了はありません。
講習は、講義及び修了考査まで1日を通して成立し、講習の修了は、すべての講義の受講及び修了考査の合格が条件となります。
また、遅刻・早退・離席等により一定時間以上講習を受講しなかった場合は、修了考査を受けることができず、未修了の扱いとなります。

Q6.修了考査はどのような内容ですか?

A6.
建築物の建築に関する法令に関する科目と、建築物の設計及び工事監理に関する科目の両方の内容で、出題数と回答方法は、一級建築士40問、二級建築士35問、木造建築士30問の正誤方式となります。

Q7.修了考査はどのように実施されますか?

A7.
講義と同様に、すべての建築士の方を対象に、同時に同一の考査時間(60分)で修了考査を実施します。修了考査問題は40問あり、一級建築士はNo.1~No.40の40問すべてが、二級建築士はNo.1~No.35の35問が、木造建築士はNo.1~No.30の30問が採点の対象とする方式です。

Q8.修了考査に建築関係法令集は持ち込めますか?

A8.
建築関係法令集は持ち込めません。
ただし、配布及び郵送されたテキストの持込みは可能です。

Q9.修了考査の合格率はどの程度ですか?

A9.
合格率は予め設定されません。合否については国土交通省令に基づき、第三者による合議する機関を設けて判定することにしています。

Q10.修了考査に合格しないとどうなりますか?

A10.
修了考査で合格点に達しない場合、再度講習のお申込をしていただき、一からのご受講が必要になります。
講習を未修了の場合であっても、受講手数料の返還はいたしません。
また、再度受講する場合に、前回の講習テキストをお持ちの場合でも受講手数料の減額はございません。

6.修了結果・修了証について

Q1.修了結果はいつわかりますか?

A1.
修了結果は、原則受講月の翌月末営業日に修了者の受講番号をHPに公表しています。
(例6月1日(水曜)受講→7月29日(金曜)発表)
また、同日、修了者には修了証を送付しています。未修了者にはお葉書で通知いたします。

Q2.未修了の通知が届きました。どうしたらいいですか?

A2.
所属建築士としてご登録がある場合、同年度内に再度ご受講していただき、修了考査まで合格していただく必要がございます。その際、お手数ですが再度一からのお申込が必要になります。ご料金も同じく12,980円(税込)の納付が必要になります。
受講期限を過ぎても尚、建築士定期講習を修了しない場合は、建築士法違反として懲戒処分等の罰則の適用対象となる可能性がありますのでご注意ください。詳しくは行政にお問い合わせください。

Q3.修了結果が届きません。

A3.
修了証の送付は原則受講月の翌月末営業日となります。
送付日を1週間以上過ぎても届かない場合は、受講番号がわかるものをご準備の上、お手数ですがセンターまでお問い合わせください。(TEL:050-3033-3823)

Q4.修了考査の点数は教えていただけますか?

A4.
点数の開示はございません。“修了”又は“未修了”の通知になります。

Q5.修了証を再交付してほしい場合は、どうすれば良いですか?

A5.
センターでご受講の方には、【建築士定期講習】修了証再交付申請書をFAXでお送りいたします。
TEL:050-3033-3823 までお問い合わせください。
申請書が届きましたら、必要事項の記入と、再交付手数料を納付後、領収書を貼付欄に添付の上、センターまでFAXで送付してください。
(※再交付手数料は1,240円(普通郵便)又は1,500円(速達)です。振込手数料はお客様負担となります。)
【注意】修了証は、受講した講習機関でのみ発行可能です。他講習機関でご受講の方は当センターでは発行できませんので、受講した講習機関にお問い合わせください。

本文ここまで


以下フッターです。

公益財団法人 建築技術教育普及センター

Copyright © The Japan Architectural Education and Information Center All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ