このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公益財団法人 建築技術教育普及センター
  • English
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

建築士定期講習の受講資格等のよくある質問

目次

1.講習全般について

Q1.

 平成18年12月改正建築士法はいつ施行されましたか。

A1.

 平成20年11月28日に施行されました。

Q2.

 建築士事務所に所属していないと、この講習を受講することはできませんか。

A2.

 建築士であればどなたでも受講することができます。

Q3.

 すべての建築士が、建築士定期講習を修了する必要がありますか。

A3.

 受講が義務づけられたのは、建築士事務所に所属する建築士です。

Q4.

 建築士定期講習を修了した場合、届出等の申請が必要になりますか。

A4.

 講習修了者のデータは、各建築士の登録機関に提出され、講習履歴として登録され閲覧が可能になります。

2.受講申込の配布について

Q1.

 受講申込書はどこで入手できますか。

A1.

 各都道府県の建築士会又は建築士事務所協会で配布しています。
 (各団体により配布時間等が異なりますので、配布を希望する建築士会又は建築士事務所協会にお問い合わせください。)
 また、受講申込書は当センターのホームページからもダウンロードできます。

Q2.

 受講申込書は有料ですか。

A2.

 無料です。

Q3.

 受講申込書を複数部数もらえますか。

A3.

 原則として、受講申込者1人に1部です。

Q4.

 会社でまとめて受講申込書をもらえますか。

A4.

 受講申込者名を記載した書類(任意の書式)の提出が必要です。

Q5.

 受講申込書を、郵送してもらえますか。

A5.

 受講を希望する各都道府県の建築士会又は建築士事務所協会で確認して下さい。

3.受講申込の受付について

Q1.

 全国どこの都道府県で受講してもかまいませんか。

A1.

 特に規制はありません。

Q2.

 受講申込の受付けは先着順ですか。

A2.

 先着順となります。

Q3.

 会社でまとめて受講申込をすることが可能ですか。

A3.

 受講を希望する各都道府県の建築士会又は建築士事務所協会に確認して下さい。

Q4.

 受講申込にはどのような書類が必要ですか。

A4.

 建築士免許証又は建築士免許証明書の写し、写真2枚などが必要です。

Q5.

 受講申込書に添付する書類のサイズは決まっていますか。

A5.

 書類がB5版以上の場合は、B5版に縮小して貼付して下さい。

Q6.

 結婚で建築士の免許証の姓と現在の姓が異なっていますが、申込みはできますか。

A6.

 建築士免許証の「登録事項変更届」を申請して姓名変更をして下さい。変更申請が受講申し込みに間に合わない場合は、戸籍謄本又は抄本等、姓名の変更が確認できる書類(コピーでも可)を添付して申込んで下さい。

Q7.

 建築士の免許証に記載されている本籍と、現在の本籍が異なっています。戸籍謄本等の書類の添付が必要ですか。

A7.

 この受講申込には特に必要ありません。

Q8.

 受講申込は受付会場に行かなければなりませんか。郵送での受付は行っていませんか。

A8.

 郵送での受付を実施しています。
 郵送で受講申込書を送付する場合は、受講票送付用の封筒(切手82円を貼り、送付先住所を記入した)を同封のうえ、簡易書留で送付してください。

Q9.

 希望する講習会場で受講したいので、受付開始日前に郵送したら受付けてもらえますか。

A9.

 原則受付けしません。
 仮に受付けた場合も、受付開始日に受付けた受講申込書より先の順番となる取扱いはしません。

Q10.

 郵送受付で受講を申込みましたが、講習会場が満席の場合はどうなりますか。

A10.

 他の講習日程等をご案内いたします。
 なお、日程の調整ができなかった場合には、受講手数料を全額返還いたします。

Q11.

 郵送受付で受講を申込みましたが、急用ができ、申込んだ講習会場で受講できなくなった場合はどうなりますか。

A11.

 受講予定日の一週間前までに受講申込を行った各都道府県の建築士会又は建築士事務所協会にご連絡下さい。他の講習会場に空きがある場合は、受講日の変更をご案内します。

4.受講手数料について

Q1.

 受講手数料はいくらですか。

A1.

 12,960円(消費税込み)です。

Q2.

 一級も二級、木造も受講手数料は同じですか。

A2.

 同じ受講手数料となります。

Q3.

 一級建築士と二級建築士の両方を登録しています。受講申込書に両方の建築士免許証の写しを添付して申込みましたが、両方の受講手数料を支払う必要がありますか。

A3.

 当センターが実施する講習では、複数の建築士免許をお持ちの方でも、受講手数料は同じ金額です。

Q4.

 仕事の都合で受講できない場合は、受講手数料を返してもらえますか。

A4.

 当センターの責により受講できなかった場合を除き、受講手数料の返還はしません。
 ただし、受講予定日の一週間前までに連絡があれば他の講習日への変更が可能です。

Q5.

 講習を修了できなかった場合、受講手数料を返してもらえますか。また、再度受講する場合、前回の講習テキストを持っているので、受講手数料からテキスト分を減額してもらえますか。

A5.

 講習を未修了の場合であっても受講手数料の返還はしません。
 また、再度受講する場合に、前回の講習テキストをお持ちの場合でも受講手数料は減額しません。

5.今後の講習予定について

Q1.

 今後の講習の受付予定は。

A1.

 講習は、年間を通して実施しています。
 詳細は当センターホームページに掲載しています「建築士定期講習年間実施計画」をご覧ください。

6.講義・修了考査の内容等について

Q1.

 講習はどのような内容ですか。

A1.

 建築物の建築に関する法令に関する講義が3時間、設計及び工事監理に関する講義が2時間あり、その後1時間の修了考査があります。

Q2.

 講義で使用するテキストはどのようなものですか。また、事前に入手することは可能ですか。

A2.

 テキストは、講義の内容に沿ったものを当センターにおいて用意します。
 また、テキストは、受講日の受付時に配布します。事前の配布は行ないません。

Q3.

 一級建築士も二級、木造建築士も講義時間は同じですか。

A3.

 国土交通省の告示(平成20年7月15日第882号)では、二級建築士・木造建築士の講義時間は4時間となっていますが、当センターが今回実施する講習では、二級建築士・木造建築士については、一級建築士講習に含まれることとしており、すべて一級建築士と同じ講義時間5時間となります。

Q4.

 午前中のみの講義など、講習の一部のみ受講することは可能ですか。

A4.

 講習の一部のみの修了はありません。
 講習は、講義及び修了考査まで1日をとおして成立し、講習の修了は、すべての講義の受講及び修了考査の合格が条件となります。
 また、遅刻・早退・離席等により一定時間以上講習を受講しなかった場合は、修了考査を受けることができず、未修了の扱いとなります。

Q5.

 修了考査はどのような内容ですか。

A5.

 建築物の建築に関する法令に関する科目と、建築物の設計及び工事監理に関する科目の両方の内容で、出題数と回答方法は、一級建築士40問、二級建築士35問、木造建築士30問の正誤方式となります。

Q6.

 修了考査はどのように実施されますか。

A6.

 講義と同様に、すべての建築士の方を対象に、同時に同一の考査時間(60分)で修了考査を実施します。修了考査問題は40問あり、一級建築士はNo.1~No.40の40問すべてが、二級建築士はNo.1~No.35の35問が、木造建築士はNo.1~No.30の30問が採点の対象とする方式です。

Q7.

 修了考査に建築関係法令集は持ち込めますか。

A7.

 建築関係法令集は持ち込めません。
ただし、講習当日に受付で配布したテキストの持込みは可能です。

Q8.

 修了考査の合格率はどの程度ですか。

A8.

 合格率は予め設定されません。合否については国土交通省令に基づき、第三者による合議する機関を設けて判定することにしています。

本文ここまで


以下フッターです。

公益財団法人 建築技術教育普及センター

Copyright © The Japan Architectural Education and Information Center All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ