このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公益財団法人 建築技術教育普及センター
  • English
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

試験当日の注意事項

(1) 試験当日の携行品

 試験当日、本人確認をする場合がありますので、身分証明書(原則として、顔写真付きのもので、運転免許証、パスポート、社員証、学生証等)を持参して下さい。

「学科の試験」

a 必ず携行するもの
受験票、黒鉛筆(HB又はB程度、シャープペンシルを含む。)、消しゴム

b 携行できるもの
法令集〔学科III(法規)の問題を解答する場合に限り、原則として、1冊使用できます。ただし、本編に付随する告示編等がある場合は1セットとして使用を認め、認められる法令集は、見出し、脚注等の簡単な書込み及び印刷以外に解説等がなく、かつ、条文の順序の入替等のないものです。また、法令集への書込みは ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。【建築士試験の「学科の試験」において使用が認められる法令集について】(PDF:181KB)を参照のうえ、紛らわしいものとならない、または、過剰なものとならないよう注意して下さい。〕、鉛筆ケズリ

c 携行できないもの
電卓、計算尺、計算機能のあるもの、電動消しゴム、その他、上記a、b以外のもの

「設計製図の試験」

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。 【「設計製図の試験」において使用が認められる平行定規と型板について】(PDF:134KB)を参照

a 必ず携行するもの
受験票、黒鉛筆(HB又はB程度、シャープペンシルを含む。)、消しゴム

b 携行できるもの
製図板〔45cm×60cm程度とし、傾斜用の軽易なまくらの使用は可とする。ただし、使用に際しての製図板の傾斜角度は30度以下とする。〕、T定規(60cm程度)、平行定規、その他の定規(直定規、三角定規、勾配定規、雲型定規)、円・だ円・正三角形・正方形及び文字用の型板(テンプレート)、三角スケール、分度器、コンパス、ディバイダー、ハケ、画びょう、製図用テープ、しんホルダー、鉛筆ケズリ、消し板(テンプレートとしての使用は不可)、計算尺、電卓(加減乗除、ルート、メモリー、%機能、関数機能を限度とし、プログラム機能を有せず、小型で音のしないもの)、問題チェック用の蛍光ペン・色鉛筆(解答するに当たり、蛍光ペン・色鉛筆で作図しないで下さい。)、滑り止めマット(他の受験者の妨げになるものは不可)

c 携行できないもの
ドラフター、問題用紙つり器具、認められる図形及び文字用以外の型板(テンプレート)、点線・破線等を引くことができる型板(点線スケール)、ソロバン、メモ用紙、トレーシングペーパー、電動消しゴム、その他、上記a、b以外のもの

※上記bの定規やテンプレート、三角スケールに目印としてマークしたり、シールを張ったものの使用は認めません。
 (注)試験場への飲物の持ち込みについては、ペットボトル等のふた付きのものに限り認めます。また、試験室内での耳栓の使用は認めません。

(2)無線通信機器の取り扱い

 携帯電話、スマートフォン、タブレット端末、電話機能やメールの送受信機能がある時計等の無線通信機器について、試験時間内、または、試験室内での使用は禁止します。前記での使用の場合は不正行為とみなし、処分の対象となります。また、無線通信機器を試験室内に持ち込む場合には、注意事項等説明時に「無線通信機器入封筒」を配布しますので、電源を切ってその中に入れ試験終了まで机の上に置いて各自で管理して下さい。

(3)試験問題の持ち帰り

 受験者に配布した試験問題については、試験終了まで試験室に在席した者に限り、持ち帰りを認めます。なお、「学科の試験」については、「学科I・学科II」、「学科III」及び「学科IV・学科V」ごとに、それぞれの試験終了まで試験室に在席した者に限り、試験問題の持ち帰りを認めます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

本文ここまで


以下フッターです。

公益財団法人 建築技術教育普及センター

Copyright © The Japan Architectural Education and Information Center All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ