このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公益財団法人 建築技術教育普及センター
  • English
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

継続的な専門能力開発(CPD)のご案内

2017年度に新規、更新又は再登録が認められ方から登録期間が3年となりました。
これに伴い、登録期間が3年の方の登録の更新審査及び2020年度以降の再登録の審査からは、過去3年分のCPD時間が求められることになります。
なお、現在、登録期間が2年の方(2016年に新規、更新又は再登録が認められた方)の更新の審査及び2019年度までの再登録の審査では、従来通り過去2年分のCPD時間が求められます。
(また、新規審査申請者の方であっても、審査申請時より遡った2年間に専門家としての責任を有する立場での実務を行っていない場合は、従来通り、新規審査申請時にも過去2年分のCPD時間が求められます。)
詳しくは、対象区分を確認の上、(1)又は(2)のご案内をご覧下さい。

<対象区分>

  • 2017年に新規、更新又は再登録が認められた方→(1)へ
  • 新規審査の申請をされる方→(1)へ
  • 現在の登録期間が2年間の方で、2018年度に更新審査の申請をされる方→(2)へ
  • 過去に登録を受けたが更新をしていない方で、今後再登録審査の申請をされる方

 →2019年度までに再登録審査の申請を行う場合は(2)へ
 →2020年度以降に再登録審査の申請を行う場合は(1)へ

(1)

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。 APECアーキテクト申請者/登録者のための継続的な専門能力開発について((1)新規審査申請者、(2)2017年度以降に登録が認められた方、(3)2020年度以降に再登録を行う方へのご案内)(PDF:422KB)

(2)

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。APECアーキテクト登録者のための継続的な専門能力開発について(2018年度及び2019年度に(1)登録の更新対象者となる方(2)再登録申請を行う方へのご案内)(PDF:400KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

本文ここまで


以下フッターです。

公益財団法人 建築技術教育普及センター

Copyright © The Japan Architectural Education and Information Center All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ