このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公益財団法人 建築技術教育普及センター
  • English
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

令和元年度インテリアプランナー試験設計製図試験の設計課題について

令和元年6月21日
公益財団法人建築技術教育普及センター

 令和元年度インテリアプランナー試験の設計製図試験(試験日:令和元年11月17日(日曜))の設計課題について、下記のとおりお知らせします。
 なお、インテリアプランナー資格制度は「インテリアプランナー資格制度要綱」に基づき、(公財)建築技術教育普及センターが実施しているものです。
 
 
                        記

令和元年度インテリアプランナー試験設計製図試験の設計課題

課題名

気に囲まれて暮らす住戸のインテリア

課題概要

1.設計条件の概要

(1) 計画目的
 地方都市の旧市街地にあるオフィスビルを改修してつくるホテルのロビーである。宿泊者のチェックイン等を行うレセプション機能に加え、宿泊者だけでなく地域住民にとっても日常的なサードプレイス(心地の良い第3の場所)となる交流拠点として街に開かれたホテルのロビーのインテリアを計画する。

(2) 建築物の概要
 構造、階数 ――― 鉄筋コンクリート造、5階建て

 

2.要求図書の概要

(1) 要求図書の種類
 1)平面図兼家具配置図
 2)透視図
 3)スケッチ
 4)設計主旨
 透視図は、大きさW300mm以上、H200mm以上とし、彩色する。

(2) 答案用紙の所定の位置に要求図書を完成させる。

(3) 鉛筆、色鉛筆、製図ペン又はマーカーのいずれを用いてもよい。
 ただし、水彩絵具、パステル等他の受験者の答案用紙を汚すおそれがあるものは、使用できない。

問合わせ先

公益財団法人建築技術教育普及センター
試験部試験第四課「インテリアプランナー試験」担当
電話:03(6261)3310(代表)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

インテリアプランナー

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

公益財団法人 建築技術教育普及センター

Copyright © The Japan Architectural Education and Information Center All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ