このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公益財団法人 建築技術教育普及センター
  • English
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

令和3年アソシエイト・インテリアプランナー更新講習・更新の登録(再登録)の案内

  • 令和3年の「更新講習」及び「更新の登録」については、平成28年に登録を受けた方(登録の有効期間が令和3年9月30日まで)が対象となります。
  • 「更新の登録」をしない場合、アソシエイト・インテリアプランナーについては「再登録」ができないため、登録が抹消され、再度資格者になるには、再度学科試験に合格する必要があります。
  • 「更新の登録」をしない場合、アソシエイト・インテリアプランナーとして、学科試験が免除され、設計製図試験を受験することができるのは、今年が最後となります。
  • アソシエイト・インテリアプランナー資格の更新の登録をするためには、事務処理上、「更新講習申込」と「更新の登録」を同時に行うこととしています。

■スケジュール

1.更新講習の内容

(1)更新講習は、センターから送付されるテキストにより学習を行い、学習の後、令和3年6月18日(金曜)までに小論文(修了考査答案用紙)をセンターに提出することにより行います。(消印有効)
(2)修了考査は、与えられた課題について、600字程度の小論文とします。
(3)登録証の交付については、「3-2登録証の交付」を参照して下さい。

2.申込手続き

2-1.申込書の受付

○受付期間
 令和3年2月8日(月曜)~3月5日(金曜)
○受付場所
  (公財)建築技術教育普及センター本部
 〒102-0094
 東京都千代田区紀尾井町3-6
○申込方法
 上記受付場所へ、当センター指定の封筒を使用し、簡易書留郵便により送付して下さい。
○注意事項

  • 受講申込は、締切日の消印のあるものまで有効です。
  • 料金別納・後納郵便については、締切日までに到着したものに限り受付けます。なお、ゆうちょ銀行又は郵便局での振替業務(手数料の振込み)は午後4時までです。
  • 申込書の直接持参及び2人分以上の同封郵送は、受付けません。
  • 申込書の記載内容又は必要添付書類に不備があるものは、受付けない場合がありますので注意して下さい。

2-2.申込に必要な書類

(1)更新講習受講申込書兼更新の登録
 申請書-1(所定の用紙)
(2)更新講習受講申込書兼更新の登録
 申請書-2(所定の用紙)
(3)手数料払込受付証明書(所定の用紙)
(4)写真1枚(縦4.0cm×横3.0cm)
 更新講習受講申込書兼更新の登録申請書貼付用
・無帽、無背景、正面上3分身を写した証明写真
・令和2年12月以降に撮影したもの
・写真の裏面に、登録番号、氏名を記入して下さい。
*氏名に変更があった場合は、戸籍抄本又は謄本(抄本・謄本に代わる個人事項証明書又は全部事項証明書でも可)を併せて提出して下さい。

2-3.手数料

更新講習受講手数料      9,900円(税込)
更新の登録手数料       2,200円(税込)
合計             12,100円(税込)
○一旦納入された「更新講習受講手数料」は、修了されなかった場合又は受講されなかった場合(センターの責により講習を受けることができなかった場合を除く。)も、返還しません。
○更新講習を修了できなかった場合又は欠格事由等により更新の登録を受けることができなかった場合は、更新の手数料金額(2,200円)を返還します。

2-4.送付時期

学習内容及び小論文の課題(修了考査)等については、令和3年4月下旬に当センターから送付する受講票等により通知します。

3.受講票及び登録証の交付

3-1.受講票、テキスト等の発送

 申込書を受付後、当センターにおいて書類審査を行い、受講票、テキスト、修了考査答案用紙等を令和3年4月下旬に発送します。
 令和3年4月30日(金曜)を過ぎても受講票等が届かない場合は、当センター本部業務第二課 (電話03-6261-3310)までご連絡下さい。

3-2.登録証の交付

 センターに提出された小論文(修了考査)を審査した後、令和3年8月31日までに修了または未修了を通知します。その際、修了された方には、登録証を交付します。

4.アソシエイト・インテリアプランナー登録

4-1. 登録の欠格事由

次のいずれかに該当する方は、登録を受けることができません。
(1)禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して2年を経過しない者
(2)建築物の建築に関し罪を犯して罰金以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して2年を経過しない者
(3)破産者で復権を得ない者
(4)精神の機能の障害によりアソシエイト・インテリアプランナーの業務を適正に行うに当たって必要な認知、判断及び意思疎通を適切に行うことができない者
(5)登録者が、その業務に関し不誠実な行為をしたことを理由に、登録を抹消され、その抹消の日から起算して2年を経過しない者

4-2. 登録の有効期間

令和3年に更新の登録を受けた方の登録の有効期間は、令和8年9月30日までです。

4-3. 登録の抹消

  • 次のいずれかに該当する場合は、登録が抹消されます。

(1)登録の有効期間が満了したとき(更新の登録を受けた場合を除く。)
(2)「4-1. 登録の欠格事由」 の(1)~(4)のいずれかに該当することとなったとき
(3)死亡し、又は失そう宣告を受けた事実が判明したとき
(4)虚偽又は不正の事実に基づいて登録を受けたことが判明したとき
 

  • 次のいずれかに該当する場合は、登録が抹消される場合があります。

(1)登録簿の記載事項に変更を生じた場合で、正当な理由がなく30日以内にその届け出を怠ったとき
(2)登録者が、その業務に関し不誠実な行為を行ったとき

4-4. 変更等の届出

次の場合には、30日以内に当センター本部に届け出て下さい。
(1)登録申請書(又は更新の登録申請書)に記載した事項に変更が生じたとき
・当センター本部「アソシエイト・インテリアプランナー登録係」宛に届け出て下さい。(当センターホームページからオンラインで申請することもできます。)
・氏名に変更があった場合は、戸籍抄本又は謄本(抄本・謄本に代わる個人事項証明書又は全部事項証明書でも可)を併せて提出して下さい。
・既に登録事項(更新講習受講申込書兼更新の登録申請書-2に印字されています。)に変更が生じている方は、今回の「更新講習受講申込書兼更新の登録申請書-1・2」に変更後の内容を記載して下さい。(登録変更届は不要です。)
(2)禁錮以上の刑に処せられたとき
(3)建築物の建築に関し罪を犯して罰金以上の刑に処せられたとき
(4)破産者で復権を得ないとき
(5)精神の機能の障害によりアソシエイト・インテリアプランナーの業務を適正に行うに当たって必要な認知、判断及び意思疎通を適切に行うことができなくなったとき(本人又はその法定代理人若しくは同居の親族による届出)
(6)死亡し、又は失そう宣告を受けたとき(戸籍法による、死亡又は失そうの届出義務者による届出)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

インテリアプランナー

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

公益財団法人 建築技術教育普及センター

Copyright © The Japan Architectural Education and Information Center All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ