このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公益財団法人 建築技術教育普及センター
  • English
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

令和3年インテリアプランナー更新講習・更新の登録(再登録)の案内

 令和3年のインテリアプランナー更新(再登録)講習については、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止等を考慮して、「自習方式」のみの実施となります。
 なお、講義方式(DVD上映)で放映を予定していた動画を6月1日(火曜)頃から当センターホームページより視聴できるようにいたします。詳細は受講票発送時にご案内いたします。


  • 令和3年の「更新講習」及び「更新の登録」については、次の方が対象となります。

 登録の有効期間が令和3年9月30日までの方
 

  • 令和3年の「更新講習」は「再登録講習」としても実施しますので、登録有効期間が満了し登録を抹消された方(登録有効期間が令和2年9月30日以前までの方で更新講習を修了していない方)でも、令和3年の「更新講習」を修了し、申請を行い、欠格事由に該当しなければ、「再登録」を受けることができます。

 

  • インテリアプランナー資格の更新の登録又は再登録をするためには、事務処理上、「更新講習(再登録講習)申込」と「更新の登録」又は「再登録」を同時に行うこととしています。

 

  • この講習を修了すると、建築CPD情報提供制度の認定プログラム【3時間】として認定されます(制度参加者のみ)。

スケジュール

1.更新講習の内容

(1)更新講習は、センターから送付されるテキストにより学習を行い、学習の後、令和3年6月30日(水曜)までに小論文(修了考査答案用紙)をセンターに提出することにより行います。(消印有効)
(2)修了考査は、与えられた課題について、600字程度の小論文を作成するものです。
(3)登録証の交付については、「3-2 登録証の交付」を参照して下さい。

2.申込手続き

2-1.申込書の受付

○受付期間 令和3年3月8日(月曜)~3月31日(水曜)
○受付場所 (公財)建築技術教育普及センター本部
 〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-6
○申込方法 上記受付場所へ、当センター指定の封筒を使用し、簡易書留郵便により送付して下さい。
○注意事項

  • 受講申込は、締切日の消印のあるものまで有効です。
  • 料金別納・後納郵便については、締切日までに到着したものに限り受付けます。なお、ゆうちょ銀行又は郵便局での振替業務(手数料の振込み)は午後4時までです。
  • 申込書の直接持参及び2人分以上の同封郵送は、受付けません。
  • 申込書の記載内容又は必要添付書類に不備があるものは、受付けない場合がありますので注意して下さい。

2-2.申込に必要な書類

(1)更新講習受講(再登録講習)申込書兼更新の登録(再登録) 申請書-1(所定の用紙)
(2)更新講習受講(再登録講習)申込書兼更新の登録(再登録) 申請書-2(所定の用紙)
(3)手数料払込受付証明書(所定の用紙)
(4)写真2枚(縦4.0cm×横3.0cm):申請書貼付用
  ・無帽、無背景、正面上3分身を写した証明写真
  ・令和2年12月以降に撮影したもの
  ・写真の裏面に、登録番号、氏名を記入して下さい。
*氏名に変更があった場合は、戸籍抄本又は謄本(抄本・謄本に代わる個人事項証明書又は全部事項証明書でも可)を併せて提出して下さい。

2-3.手数料


更新講習(再登録講習)受講手数料  16,500円(税込)
更新(再登録)の登録手数料       5,500円(税込)
合計                22,000円(税込)

  • 一旦納入された「更新講習(再登録講習)受講手数料」は、修了されなかった場合又は受講されなかった場合(センターの責により講習を受けることができなかった場合を除く。)も、返還しません。
  • 更新講習(再登録講習)を修了できなかった場合又は欠格事由等により更新の登録(再登録)を受けることができなかった場合は、更新の登録(再登録)手数料金額(5,500円)を返還します。

2-4.送付時期

 学習内容及び小論文の課題(修了考査)等については、令和3年5月中旬に当センターから送付する受講票等により通知します。

3.受講票及び登録証の交付

3-1. 受講票、テキスト等の発送

申込書を受付後、当センターにおいて書類審査を行い、受講票、テキスト、修了考査答案用紙等を令和3年5月中旬に発送します。
令和3年5月31日(月曜)を過ぎても受講票等が届かない場合は、当センター本部業務第二課 (電話03-6261-3310)までご連絡下さい。

3-2. 登録証の交付

センターに提出された小論文(修了考査)を審査した後、令和3年8月31日までに修了または未修了を通知します。その際、修了された方には、あわせて登録証を交付します。

4.インテリアプランナー登録

4-1. 登録の欠格事由

  • 次のいずれかに該当する方は、登録を受けることができません。

(1)禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して2年を経過しない者
(2)建築物の建築に関し罪を犯して罰金以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して2年を経過しない者
(3)破産者で復権を得ない者
(4)精神の機能の障害によりインテリアプランナーの業務を適正に行うに当たって必要な認知、判断及び意思疎通を適切に行うことができない者
(5)登録者が、その業務に関し不誠実な行為をしたことを理由に、登録を抹消され、その抹消の日から起算して2年を経過しない者

4-2. 登録の有効期間

令和3年に更新の登録(または再登録)を受けた方の登録の有効期間は、令和8年9月30日までです。

4-3. 登録の抹消

  • 次のいずれかに該当する場合は、登録が抹消されます。

(1) 登録の有効期間が満了したとき(更新の登録を受けた場合を除く。)
(2) 「4-1. 登録の欠格事由」 の(1)~(4)のいずれかに該当することとなったとき
(3) 死亡し、又は失そう宣告を受けた事実が判明したとき
(4) 虚偽又は不正の事実に基づいて登録を受けたことが判明したとき

  • 次のいずれかに該当する場合は、登録が抹消される場合があります。

(1) 登録簿の記載事項に変更を生じた場合で、正当な理由がなく30日以内にその届け出を怠ったとき
(2) 登録者が、その業務に関し不誠実な行為を行ったとき

4-4. 変更等の届出

  • 次の場合には、30日以内に当センター本部に届け出て下さい。

(1) 登録申請書(又は更新の登録(再登録)申請書)に記載した事項に変更が生じたとき

  • 官製はがきに図の様式で、当センター本部インテリアプランナー 登録係宛に届け出て下さい。(当センターホームページからオンラインで申請することもできます。)

  • 氏名に変更があった場合は、戸籍抄本又は謄本(抄本・謄本に代わる個人事項証明書又は全部事項証明書でも可)を併せて提出して下さい。
  • 既に登録事項(更新講習(再登録講習)受講申込書兼更新の登録(再登録)申請書-IIに印字されています。)に変更が生じている方は、今回の「更新講習(再登録講習)受講申込書兼更新の登録(再登録)申請書-I・II」に変更後の内容を記載して下さい。(登録変更届は不要です。)

(2) 後見開始又は保佐開始の審判を受けたとき(成年後見人又は保佐人による届出)
(3) 禁錮以上の刑に処せられたとき
(4) 建築物の建築に関し罪を犯して罰金以上の刑に処せられたとき
(5) 破産者で復権を得ないとき
(6) 死亡し、又は失そう宣告を受けたとき(戸籍法による、死亡又は失そうの届出義務者による届出)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

インテリアプランナー

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

公益財団法人 建築技術教育普及センター

Copyright © The Japan Architectural Education and Information Center All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ