このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公益財団法人 建築技術教育普及センター
  • English
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

大学院における実務経験(インターンシップ科目)

平成30年度 大学院における実務経験の確認申請の受付

平成30年7月26日

大学院における実務経験の確認申請について、平成31~29年度入学者用の変更申請等の受付を下記のとおりご案内します。

(1)確認申請の実施について

 建築士法施行規則第10条第1項第6号の国土交通大臣が定める実務のうち、国土交通省告示第1033号(平成20年9月2日)による大学院における実務経験については、国土交通省の指導により、公益財団法人 建築技術教育普及センターに設置されている「大学院実務経験確認審査委員会」において確認を実施します。

(2)確認申請の内容

 国土交通省告示第1033号(平成20年9月2日)に従い、「建築物の設計又は工事監理に係る実践的な能力を培うことを目的として建築士事務所その他の施設で行う実習(以下「実務実習」という。)」及び「実務実習に関連して必要となる科目」については、以下リンクにより確認します。

(3)確認申請における申請種別等

申請種別 対象となる者の入学年度 対象となる大学院課程等
更新申請

新規申請 平成31~29年度 初めて申請する大学院課程
変更申請 平成31~29年度 確認済みの申請内容に変更がある大学院課程

更新申請

 インターンシップ及びインターンシップ関連科目(以下「インターンシップ科目等」という。)の審査については、原則として、2年に一度、所定の申請(以下「更新申請」という。)により確認します。更新申請については、変更のない科目を含めた全てのインターンシップ科目等の申請が必要となります。

新規申請

 新規申請については、必ず事前に当センター試験部試験第四課(大学院実務)に連絡してください。「新規申請に必要な書式」等をメールの添付ファイルで送付します。

変更申請

 2年に一度の更新申請の間に、次の変更が生じた場合は、変更申請が必要となります。
 なお、変更申請をする際は、必ず事前に当センター試験部試験第四課(大学院実務)に連絡してください。「変更申請に必要な書式」等をメールの添付ファイルで送付します。
 ・専門領域及び科目群の設定の基本的な考え方・方針の変更
 ・インターンシップ科目等の内容変更
  a.科目名の変更
  b.単位数の変更
  c.シラバスの変更(担当教員のみの変更、授業計画の順序の入替え等の軽微な変更と認められるものについて変更申請は不要)
 ・インターンシップ科目等の追加
 ・インターンシップ科目等の削除

(4)確認申請の実施期間

  受付締切り 確認結果の通知(予定)
第1回 平成30年11月12日消印まで 12月下旬
第2回 平成31年2月8日消印まで 4月下旬

問合せ先

公益財団法人 建築技術教育普及センター
試験部試験第四課(大学院実務)
電話:03-6261-3310(代表)

関連資料

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

本文ここまで


以下フッターです。

公益財団法人 建築技術教育普及センター

Copyright © The Japan Architectural Education and Information Center All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ