このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
公益財団法人 建築技術教育普及センター
  • English
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

学歴要件について

平成21年度以降の入学者の場合

 平成21年度以降(法施行日[平成20年11月28日]以後)に入学している者は「指定科目を修めて卒業後、所定の実務経験」が必要となり、表1に示す学校等別に修得する指定科目の単位数に応じて、必要な建築実務の経験年数が異なります。なお、指定科目の分類ごとの必要単位数は、表2に示すとおりです。また、学校・課程から申請のあった開講科目について指定科目に該当することをセンターが確認した科目については、センターのホームページにより確認して下さい。

表1.学校等別、必要な指定科目の単位数と建築実務の経験年数

(注)指定科目の単位数の条件は、表2に示す。

表2.指定科目の分類ごとの必要単位数等

(注)指定科目の分類ごとに定められた単位数及び総単位数(a)+(b)を満たすことが条件となります。

平成20年度以前の入学者の場合

 「法施行日前(平成20年11月27日まで)に所定の学校を卒業している者」及び「法施行日前に所定の学校に在学する者で法施行日以後に当該学校を卒業した者」については、従来の「所定の課程を修めて卒業」という学歴要件(表3)が適用されます。

表3.平成20年度以前の入学者に適用される学歴要件(旧建築士法第14条)

表3.平成20年度以前の入学者に適用される学歴要件(旧建築士法第14条)

本文ここまで


以下フッターです。

公益財団法人 建築技術教育普及センター

Copyright © The Japan Architectural Education and Information Center All Rights Reserved.
フッターここまでページの先頭へ